Gan tiryouhou no 21 seiki gata kakushin: Atarashii housyasen-zoukanzai SAKAGUCHI KENGO

ISBN:

Published: November 15th 2015

Kindle Edition


Description

Gan tiryouhou no 21 seiki gata kakushin: Atarashii housyasen-zoukanzai  by  SAKAGUCHI KENGO

Gan tiryouhou no 21 seiki gata kakushin: Atarashii housyasen-zoukanzai by SAKAGUCHI KENGO
November 15th 2015 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, AUDIO, mp3, RTF | | ISBN: | 7.57 Mb

末期がんを治す、これは現代の愁眉の課題である。近代医学が発達して以後、過去100年あまり成功していない課題である。研究職の員としてチャレンジしてみた。がんの21世紀型治療の中心は、既存の外科手術法や放射線療法にプラスして、最新のロボット化電子化した医療機器装置や、核物理学の発展による重粒子線照射などを組み合わせる複合化がん治療の方向に入りつつある。20世紀には理論上は分かっていても、実際には技術上導入が不可能だった方法の実用化も加わり、この「複合化したがん治療法」の発展は、More末期がんを治す、これは現代の愁眉の課題である。 近代医学が発達して以後、過去100年あまり成功していない課題である。 研究職の1員としてチャレンジしてみた。 がんの21世紀型治療の中心は、既存の外科手術法や放射線療法にプラスして、最新のロボット化電子化した医療機器装置や、核物理学の発展による重粒子線照射などを組み合わせる複合化がん治療の方向に入りつつある。 20世紀には理論上は分かっていても、実際には技術上導入が不可能だった方法の実用化も加わり、この「複合化したがん治療法」の発展は、21世紀型として大いに可能性がある。 今一歩でブレークスルーの段階に至ると思われる。 そこで、単独で機能する制がん剤の開発ではなく、これらの医療機器装置と共役して機能する医薬品の開発を目指した。 その最たる理由は、現在もっとも求められているのは、副作用の少ない制がん剤であることにある。 逆にいえば、制がん剤の副作用は用意ならざる治療制限の条件になっていることになる。 一方、新型の外科や放射線科の用いる医療機器装置は患者の苦痛を下げる治療法として大いに発展しつつあるが、制がん剤とは異なる「使



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "Gan tiryouhou no 21 seiki gata kakushin: Atarashii housyasen-zoukanzai":


wodaiwypoczynek.pl

©2011-2015 | DMCA | Contact us